尾瀬で日帰りハイキング

東京や神奈川といった大都市圏から日帰りで行けるエリアと言えば群馬県などに位置する尾瀬がおすすめであり、深夜発の0泊2日か早朝初の日帰りバスツアーを使えば出発地から乗り換えなしで行く事が出来ます。

最高の尾瀬のツアーのことなら、こちらをご参考にしてください。

0泊2日は行きの車内で仮眠ができるので、体をしっかり休めてからハイキングが出来るメリットがあり、尚且つ朝早い時間から行動できる事で遠方まで足を伸ばせたり自然を満喫できるでしょう。

なお、初めて尾瀬に行く場合や体力に不安がある場合は、日帰りで行っておくと2回目の行動プランが立てやすくなります。


早朝初のツアーは午前中に到着して15時台か16時台に出発する形が一般的ですが、長時間歩く場合は昼食以外にもすぐにエネルギーになる携行食やゼリー飲料などを持って行くと夕方まで疲労感なく行動できるので、複数持参して栄養補給をしておきましょう。

肌寒いシーズンに行く場合は温かい飲み物や食べ物がほしくなるのが普通なので、熱湯をマイボトルに注いで持って行けばインスタントコーヒーやスープ類も飲めるので持って行くのもお勧めです。



尾瀬は、夏以外に行くと結構寒く感じる事があって衣服の調節が重要となっており、秋や冬に着るようなフリースや厚手の長袖シャツを着ておくと体温を下げずに済むので、突然の雷雨に対応できるポンチョやカッパ類と合わせて持って行くと快適に過ごせるでしょう。


なお、尾瀬は標高の高いエリアで日焼けをしやすい特徴もあるので、日焼け止めの持参も必須です。